ハクビシンが好きな食べ物は?食害対策も解説します

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/10/05

ハクビシンという動物をご存知ですか。ハクビシンとは、タヌキに似た動物です。近年では、ハクビシンに農地を荒らされる被害が増加しており、問題となっています。被害を防ぐためには、事前の対策が大切です。この記事では、ハクビシンが好きな食べ物や食害対策についても解説します。また、被害にあった場合の対処法についても説明します。

ハクビシンとは?

ハクビシンとは、ネコ目ジャコウネコ科の動物です。漢字では「白鼻心」と書きます。体長は5075センチメートルほどで、成長すると尻尾まで含めて1メートルほどになるものもいます。毛の色など見た目はタヌキによく似ていますが、おでこから鼻にかけて白い線が入っているのが特徴です。

かわいらしい見た目とは違い、近年ではハクビシンが空き家に住み着いたことによる糞害も発生しています。さらには農作物を食い荒らすことから有害鳥獣に指定されています。

ハクビシンの好きな食べ物

それでは、ハクビシンはどんな食べ物を好むのでしょうか。農作物の他にも好んで食べる物があるので紹介します。

甘い果実

ハクビシンは甘い果物が大好物です。これまでに、桃、サクランボ、ブドウ、ミカン、イチゴなどの農家が多く被害にあっています。ハクビシンは運動能力が高く、木登りがとても得意です。反対に、穴を掘ることは不得意です。そのため、木になっている果物を見つけると、簡単によじ登って食い荒らしてしまうのです。

野菜

果物だけでなく、野菜も好んで食べます。トウモロコシ、スイカ、サツマイモなどの農家が被害にあっています。

生き物

実はハクビシンは雑食なので、農作物だけでなく何でも食べるのです。小動物や亀、小鳥、昆虫、鳥などの卵も食べられてしまいます。過去には、メダカや金魚の飼育業者が被害にあった例もあります。

ハクビシンの食害対策

ハクビシンによる食害は、農地を中心として全国で増加しています。では、ハクビシンによる食害を防ぐためには、どうしたらよいのでしょうか。3つの方法を紹介しましょう。

餌場をなくす

最も大切なのは、ハクビシンに餌場を作らせないことです。ハクビシンが好む果物や野菜はもちろん狙われやすいため、とにかく食べ物の痕跡を残さないようにしましょう。住宅地の生ゴミも狙われる場合があり、ゴミ捨て場が荒らされた例もあります。

また、生ゴミや食べカスがついた容器などを庭や玄関先に放置するのは危険です。ジュースのペットボトルや空き缶は、しっかり洗ってから捨てましょう。収穫の終わった畑には、作物を残さないことも大切です。

侵入経路をなくす

次に大切なのは、畑や家屋などに浸入させないことです。ハクビシンは運動能力が高いため、垂直に1メートル以上ジャンプできます。なんと垂直の壁さえ登ってしまうのです。電線などを綱渡りすることもできます。

つまり足場があればどんな高い所にも上ってしまい、細い足場でも器用に移動するのです。足場になりそうな物は撤去し、移動に使えそうな木の枝は刈っておきます。また、狭い隙間も通ることできるので、小さな隙間もふさいでおきましょう

住みかをなくす

人気のない場所があると、ハクビシンが寝床を作ってしまう場合もあります。そのため、寝床になりそうな場所をなくすのです。建物周辺に生えている雑草は、きれいに刈っておきましょう。簡単なことですが、見晴らしをよくするだけでも警戒して近づかなくなることもあります

また、普段あまり使用しない倉庫や空き家なども、ハクビシンが住み着く可能性があります。人気がない建物は、日頃からこまめに巡回しましょう。そのためには、建物の侵入口になりそうな隙間がないか探し、あらかじめふさいでおくことも大切ですね。

害獣に困ったら、専門業者を頼ること

対策をしていても残念ながら被害に遭う場合もあります。そんなときはハクビシンを駆除することが大切です。しかし、個人でハクビシンを駆除することは難しいのです。

なぜなら、ハクビシンはアライグマなどのように特定外来種ではありません。誰でも駆除できる動物ではないのです。そのため、困ったときはすぐに専門の害獣駆除業者へ依頼することが大切です。

ハクビシンは農地だけでなく、住宅街に現れる場合もあります。ハクビシンの特徴を覚えておき、もしもの時はすぐに業者に依頼しましょう。プロにお願いするのが最も安全です。

 

ハクビシンが好きな食べ物、食害対策について解説しました。ハクビシンは木登りが得意なので、木になる甘い果物がとくに被害にあいます。野菜や小動物なども狙われるので、対策を行うことが大切ですね。

食べ物の痕跡を消したり、人気のない場所を見回りしたり、ハクビシンの侵入口をなくしたりすることで、被害を防ぐことができます。しかし、被害にあった時は個人で駆除することは困難なので、すぐに専門業者に連絡してください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

イタチが家に侵入することで被害を受けるケースがあります。家に侵入したり、住み着いてしまったりするとどのような被害をもたらすのかご存知でしょうか。まずは、イタチの習性を理解しておくことが重要で
続きを読む
紙魚と書いて「シミ」と読む虫を知っている方は少ないかもしれません。しかし、一度発生してしまうと駆除するのに手間がかかるため、専門の業者に対処してもらわなければならない可能性があります。そこで
続きを読む
害獣駆除を専門の業者に依頼するとき、業者はどのようにして選ぶべきでしょうか。見積もりを出してもらっても何に注目したらよいかわからず、頭を抱えている場合もあるでしょう。本記事では、業者を選ぶと
続きを読む