家に住み着いたアライグマを追い出す方法とは?ポイントを押さえよう!

公開日:2021/12/01  最終更新日:2022/02/14


突然家にやってきたアライグマ。見た目は可愛いですが実は凶暴な動物で、追い出そうにもなかなか追い出せないとお悩みの方も少なくありません。家に住み着いたアライグマは放置するとどのような危険があるのか、追い出すためにやれることや、専門業者が行う駆除方法をご紹介します。

アライグマが家に住み着くとどんな被害がある?

見た目が可愛らしいアライグマ。アニメにも出てくるような可愛らしい見た目とは裏腹に、非常に凶暴な個体が多く、人間を襲うことも少なくありません。アライグマに襲われて命を落とす事態に陥る方も多いため、住み着いたら最悪命を落とす可能性もあるでしょう。

また大人しい個体でもアライグマは病原菌を多数持っているという難点があるため、振れてしまうと病気に感染する恐れがあります。家に住み着くとこのようにさまざまな危険性がある他、家の柱や壁などを破壊する、天井に住み着きオシッコやフンをしてしまう、家の食料を勝手に食べられるなど被害は尋常ではありません。

ペットとして飼うことは難しいため、家に住み着いたら何とかして追い出す方法を考えるべきでしょう。アライグマが住み着く理由はいくつかあります。

第一にエサになりそうなものをおいておくことです。アライグマは人間の食べものも食べますので、床下に置きっ放しにしてある野菜などもすべて食べ尽くします。また天井裏に住み着いたネズミや虫などを食べる個体もいるため、エサになりそうなものを片付けることはもちろん、害獣や害虫を駆除することも重要です。

さらにアライグマはペットとして飼っている金魚や鳥などを襲うこともあります。金網程度ですと簡単に破られてしまいるため、ケージをしっかり補強してペットを守ることも大切といえるでしょう。

またそもそも進入口があることもアライグマが家に住み着く原因となります。床下の板が割れて隙間がある、壁が割れていて家の中に入れるようになっているなど、気が付かないうちに家にダメージがあったせいで、アライグマの進入口ができている可能性があるため家をメンテナンスすることも忘れてはいけません。

このようにアライグマが家に住み着く理由はいろいろとあげられるため、まずは原因となるものを取り除きましょう。

駆除を依頼する前にまずは追い出すことを試してみよう!

「専門業者に駆除を依頼するのはちょっと可哀想」このように思う方は、まずはアライグマを自然に追い出せる方法を試してみてください。アライグマは匂いに敏感で、強い匂いのする忌避剤を使うと逃げるように去っていきます。アライグマを見かける場所に、市販の忌避剤や木酢液を使うだけで、大抵のアライグマは家に近寄らなくなるでしょう。

ただしこちらは匂いに敏感なペットを飼っているご家庭の場合、ペットにも悪影響が出てしまいます。犬や猫などの動物には悪臭ですので、飼っているペットには影響がない場所におく必要があるでしょう。

また上記で少し紹介しましたが、アライグマが侵入する場所をすべてなくすことも対策として有効です。アライグマが侵入する可能性が高いのが、軒下が換気扇、通風口や軒下があげられます。これらの場所を金網やパンチングメタルなどの丈夫な品を使ってすべて塞ぎましょう。

アライグマは木を登って、ちょっとした隙間に簡単にもぐり込む生き物ですので、まさかと思う場所から侵入します。家の中に侵入して寝泊まりすることは滅多にありませんので、1度塞いでしまえば次からは入ってこられません。足跡や毛、フンが残っていないかチェックしてみると、進入口がわかりやすいでしょう。

専門業者のアライグマ駆除の流れ

アライグマを捕獲するためには、捕獲許可という専門の資格が必要です。専門業者はこうした資格を持つプロフェッショナルが対応してくれますので、安心して任せられます。流れとしては、まずは現場の調査を行いアライグマの侵入経路や侵入状況を確認、その後トラップを仕掛けて捕獲、その場でアライグマを安楽死させ駆除します。もしくは自治体に引き取りをお願いすることになりますが、大抵の場合は安楽死による駆除が行われるでしょう。

その後、被害が再発しないように侵入経路を塞ぎ、アライグマが侵入した可能性がある場所を消毒、防腐処理を行って衛生ケアをしていきます。こうしてアライグマを駆除した後、家のケアもしてもらえるのが専門業者に依頼するメリットといえるでしょう。アライグマを自分で駆除するには役所に捕獲許可を出す必要がありますが、かなりの手間となりますのでプロに依頼した方が簡単で確実です。

 

可愛い見た目のアライグマですが、実際は病原菌を多数持っており、人間を襲う可能性もある非常に危険な生き物です。もちろん個体差はありますが、野生のアライグマは放置すると大変なことになるため、できるだけ早く対策をするべきでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

イタチが家に侵入することで被害を受けるケースがあります。家に侵入したり、住み着いてしまったりするとどのような被害をもたらすのかご存知でしょうか。まずは、イタチの習性を理解しておくことが重要で
続きを読む
紙魚と書いて「シミ」と読む虫を知っている方は少ないかもしれません。しかし、一度発生してしまうと駆除するのに手間がかかるため、専門の業者に対処してもらわなければならない可能性があります。そこで
続きを読む
害獣駆除を専門の業者に依頼するとき、業者はどのようにして選ぶべきでしょうか。見積もりを出してもらっても何に注目したらよいかわからず、頭を抱えている場合もあるでしょう。本記事では、業者を選ぶと
続きを読む